世界はTokyoをめざす『標的に祖国の未来をかけろ! ~ジョージア・親子三代射撃一家~』

December 4, 2018

 

NHK BS1 12月23日(日)午後8:00 ~8:49

制作:ドキュメンタリージャパン

番組公式サイト

 

ジョージアで、『女子射撃界の生きる伝説』と謳われるニーノ・サルクワゼ選手(49)。19 歳でソウル五輪に初出場し、2種目で金・銀メダルを獲得。東京大会に出れば、最多記録の連続9回出場となる。息子のツォトネ(20) もリオ大会に出場し、父・ワフタング(87) は旧ソ連で活躍した英雄。世界でも稀な親子三代の射撃一家なのだ。ニーノは、若手の指導にも力を入れる。「東京で活躍すれば、大国に翻弄され続ける小国でも、世界と対等に向き合えるとわかるはず。自信と誇りを取り戻させたい」。母国のために挑戦し続ける姿を描く。

 

制作スタッフのつぶやき:ディレクター 新井章二

ジョージアに平和を願う射撃選手がいる!それが企画の始まりでした。ジョージアは民族紛争が続いている国。しかも、種目はピストル。ピストルで平和を願うって!? 五輪連続8回出場の大ベテラン。その主人公は意外にも、笑顔が素敵な偉ぶらない女性でした。波乱万丈な人生を歩んできた彼女の一言が突き刺さりました。「ピストルは戦争の武器にもなるけど、スポーツでは平和をもたらすことも出来るんです」 その奥深い真意は、是非、番組で!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2019 Port of doc.ドキュメンタリー・ドット・ジェーピー

port.of.doc@gmail.com    ​東京都 JAPAN