SWITCHインタビュー達人達 『峯田和伸×矢部太郎』

December 4, 2018

NHK Eテレ 12月15日(土)午後10:00~10:59

再放送:12月22日(土)午前0:00~0:59(金曜深夜)

制作:ドキュメンタリージャパン

番組公式サイト

 

処女作『大家さんと僕』が累計70 万部超の大ヒット。第22 回手塚治虫賞を受賞した矢部太郎(41 歳)。シャイで口下手な芸人・矢部が指名したのは、峯田和伸。むきだしの感情を、あけすけな言葉で力の限り歌うミュージシャンであり、今や『朝ドラ』から『大河』まで引っ張りだこの役者でもある。二人の出会いは20 年前。まだ何物でもなかった矢部が大学生・峯田のライブを見に行き、すっかり魅せられたという。以来、互いに相手の活躍を意識しながらも、ひざを交えて話したことはない。同い年、人見知りという共通点を持つ二人が、互いの原点やこれまでの挫折と喪失、そして女の子の話からこの先の作品作りに至るまで、縦横無尽に語り合う。

 

制作スタッフのつぶやき:カメラマン 高野大樹

二人の話が盛り上がれば盛り上がるほど撮影しているのが辛くなる現場だった。同じクラスでずっと気になってたけど、人見知りのせいで結局話せずじまいだったヤツとの同窓会が行われている感覚。しかもモテなかった者同士の。もうカメラを放り出してそっちの話に自分も参加したくてたまらないのだ。矢部さんも峯田さんも人見知りで人の目を見て話さないと聞いていた。二人が俯いたまま沈黙したらどうしようという心配はあっさり杞憂に終わった…

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2019 Port of doc.ドキュメンタリー・ドット・ジェーピー

port.of.doc@gmail.com    ​東京都 JAPAN