7月19日(日)TBS(MBS)情熱大陸 自在置物作家 満田晴穂


TBS(MBS) 7月19日(日)23:25-23:55 制作:ドキュメンタリージャパン

情熱大陸のサイトへ

自在置物という金属工芸品をご存知だろうか? 虫、蛇、甲殻類から龍などの幻獣まで、様々な生き物の姿を金属で再現。まるで生きているかの様に、「自在」に動かすことができる置物だ。江戸時代中期、太平の世で職を失った甲冑師によって生み出されたと言われており、以来、伝統工芸として技術の継承を繰り返してきた。 満田晴穂は、江戸時代から続く自在置物の技術を継承した国内唯一の作家。個展を開催すると販売の抽選に100人の行列ができるほどの人気ぶり。去年4月にはロンドンで個展を開催した。 作るのは人気の昆虫のクワガタムシから、その見た目から敬遠されがちな虫の代表格・ゲジ(ゲジゲジ)まで分け隔てない。「なんでこれを作ったの?」と妻に突っ込まれるほどのマイナーな昆虫をも愛する、根っからの虫好きだ。 満田の持ち味は、徹底した観察眼と緻密な手業にある。本物の標本を隅々まで解体し採寸。普段は閉じられて見ることの出来ないオニヤンマの口の中でさえ、金属で精密に再現する。本物と見紛うほどの作品たちは「たまたま金属で生まれてきた命」とも評されるほどだ。 明治時代以降、長らく海外に作品が渡り、国内では日の目を浴びなかった自在置物。令和に受け継がれた唯一無二の超絶技巧をご覧いただこう。(情熱大陸サイトより)

© 2019 Port of doc.ドキュメンタリー・ドット・ジェーピー

port.of.doc@gmail.com    ​東京都 JAPAN